日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >> ロレックス 価格に差が出る仕様の違い シングルロック・ダブルロック
ロレックス 価格に差が出る仕様の違い シングルロック・ダブルロック
ロレックスのブレスレットやバックルは幾度も仕様が変更されてきましたが、大きくわけると「オイスターロック」「ダブルロック」「シングルロック」の3種類のバックルが存在します。


それぞれデザイン性や機能性が異なり、見た目の違いも顕著であることから、中古ロレックスを購入される方に重要視されています。

 オイスターロックは現行のスポーツロレックスに採用されているバックルタイプで、最新技術により強度と洗練を兼ね備えた設計で作られています。最新仕様だけあり、安心性も抜群。価値もダブルロックと比較すると高い相場となっています。


 ちなみにこのオイスターロック、2015年頃から中板に仕様変更が行われました。
中板が従来の梨地仕様から、ポリッシュ仕上げに変更されたのです。


前ページ:
次ページ: ロレックスの新作情報が解禁されました、サブマリーナが生産終了!