日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>それだけ注目度は非常に高く ロレックスブースの喧騒は大きなものでした
それだけ注目度は非常に高く ロレックスブースの喧騒は大きなものでした
GMTマスターIIは2005年にスポーツモデル初出となるセラクロムベゼルが採用され、高級感や艶感の向上、そしてアルミにありがちだった退色や傷つきやすさを克服。
しかし、セラクロムの色付けは難易度が高く、かつてのカラーバリエーションはなかなかラインナップされませんでした。

2013年、黒青ベゼルの116710BLNRの爆発的なヒットを受け2014年にホワイトゴールド製で赤青ベゼルの116719BLRO、次いで2018年、ようやく待ちに待ったステンレス製の赤青ベゼル126710BLROが放たれたのです。

しかも、ただのステンレス製では終わらないところがロレックス。
なんと、デイトジャストやデイデイトなどドレスウォッチラインでのみ搭載されていた5連のジュビリーブレスレットを採用してきたのです。


前ページ: ロレックス デイトナステンレス・ゴールド・コンビ・プラチナ・ダイヤなど
次ページ: 一番 人気 チュードル プリンス デイトデイのユニークなモデル達をご紹介