日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>ロレックスデイトナのロングセラー、Ref.116520の本当の魅力とは!
ロレックスデイトナのロングセラー、Ref.116520の本当の魅力とは!
前回のロレックススーパーコピー通信No.92では、1988年に登場したデイトナの自動巻きモデル、Ref.16520を取り上げた。そこで今回はその後継機として2000年にリリースされ、現行デイトナのひとつ前に当たるRef.116520を取り上げる。


Ref.116520を語るうえで外せないのが、デイトナ専用としてロレックスが自社開発した自動巻き式のクロノグラフムーヴメント、Cal.4130の存在だ。そのため今回はこのムーヴメントについて、要点を簡単にまとめてみたい。


ロレックスは、1930年代初頭という時計史上においてもかなり早い段階にベーシックな自動巻きムーヴメントを自社開発し、それを搭載するモデルは“バブルバック”の愛称で呼ばれるなど歴史にその名を刻む。そのためある意味では自動巻き式のパイオニア的な存在といえるのだが、ことクロノグラフムーヴメントに至っては手巻き時代も含めても、すべて他社製だった。


自動巻きクロノグラフムーヴメント自体は1969年にすでに誕生していた。ロレックスの技術力からすれば、もっと早い段階でも作れただろうに、なぜ2000年まで作らなかったのかは正直なところわからない。


しかし、あくまで筆者の憶測にすぎないが、前回(No.93)の記事でも触れたように、デイトナ自体が世界的ブームとなったのは1989年ごろからで、それまではまったく不人気だった。クロノグラフムーヴメントの開発は極めて難しい。そのためこのデイトナブームが自社開発を進める、ひとつのきっかけとなったとしても何ら不思議ではない気がする。


さて、デイトナがこれまで使っていたのは、手巻きデイトナに採用されたバルジュー社の72系や、前回取り上げたRef.16520に搭載されたゼニス社のエル・プリメロ(自動巻き)といった、いわゆるクロノグラフの名機だ。つまりこれらをベースに独自に改良を加えてきたというわけである。Cal.4130は、長年にわたる様々な技術的改良をとおして研究を積み重ね、そのノウハウをもとに6年の歳月を費やして完成させたいわば集大成だ。


前ページ: 高級時計 ブランド主要11モデルの月間ロレックス相場(5月14日更新)
次ページ: 初めて高級時計を購入する、という方がほとんどであろう20代男性