日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>新作ロレックス サブマリーナとシードゥエラー価格急騰の理由考察
新作ロレックス サブマリーナとシードゥエラー価格急騰の理由考察
ロレックス相場ならではの現象として、「生産終了モデル」が価格上昇する、というものがあります。
例えばバーゼルワールド2019を例にとると、GMTマスターIIの116710LNや116710BLNR。また、噂に終わりましたが、ミルガウスRef.116400GVが今年廃盤する、と囁かれたことがあり、一時期大きく注目されることとなりました。
ロレックスサブマリーナコピー時計 116610LVとシードゥエラー126600も、「生産終了するのではないか」と予期されて、価格が急騰しているのではないか。この理由を考察します。


なぜバーゼルワールド後に?今年は残留決定でしょ?そんな声が聞こえてくるかもしれません。
でも、この二本に関しては、いつ現行ラインナップから姿を消してもおかしくない、と言う話も業界筋にはチラホラとあります。ある時計バイヤーの話では、どちらも「アニバーサリーモデル的立ち位置」だと言うのです。


前ページ: 高級時計ロレックス サブマリーナ 16800と168000の相場の違いとは?
次ページ: ブランドに対する疑問1.ロレックスってなんでこんなに高いの?