日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>世界最高峰の腕時計メーカーとしての地位を築いた理由
世界最高峰の腕時計メーカーとしての地位を築いた理由
ロレックスはスイスの腕時計メーカーとして知られていますが、ロレックスの前身ブランドが産声をあげたのは、1905年のロンドンでした。弱冠24歳だったハンス・ウイルスドルフと義兄弟のデイビスが、時計販売の専門商社「ウイルスドルフ&デイビス」を設立したのです。


しかし、当時扱われていた腕時計の性能は、決してよいものとはいえなかったようです。そんな中、ハンスは、「今後、腕時計は見た目の美しさだけでなく機能性や実用性も重視されていくだろう」と考え、腕時計の可能性を予見。会社設立から間もなくして、自社で腕時計の製造を開始したのでした。


この自社製造の腕時計に「ロレックス」という名前が与えられたのは、1908年のこと。「自社の腕時計に、どの言語でも発音しやすく、刻印したときに見た目が美しい名前をつけたい」と考えていたハンスは、何百通りという文字の組み合わせを考案、最終的に「ROLEX」と命名したのでした。その後1915年には、社名も「ロレックス・ウォッチカンパニー」に変更しています。


さらに1919年には、拠点をロンドンからスイスのジュネーブに移し、翌年「モントレ・ロレックス (Montres Rolex S.A.)」を設立。ここに、スイス時計メーカー「ロレックス」が誕生したのでした。


前ページ: 世界で一番高いロレックスはどのモデル?
次ページ: ロレックスは腕時計業界のパイオニアという地位を築い