日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>GMTマスター II 2色ベゼルタイプはなぜ8年も発売が遅れたのか!?
GMTマスター II 2色ベゼルタイプはなぜ8年も発売が遅れたのか!?
ロレックススーパーコピー 通販、最高級ロレックスコピー時計 - NOOBロレックス最新の製品 おすすめ


このGMTマスターだが当時のパン・アメリカン航空からの要請で開発された。最初に発表された1955年といえば国際線の航路も広がり、大型ジェット旅客機時代を迎えようとしていたころだ。当然、時差のある国と国の間を往き来することが増えることから、パイロットはその二つの国の時刻を同時に把握する必要が出てくる。そこで時分針とは別にもうひとつの時刻を指し示すための副時針(GMT針)を設けて開発された。



この副時針は24時間で1周し、ベゼル上に設けられた数字を指し示して時刻を知らせる。つまり、その時刻が昼なのか夜なのかを感覚的に判断できるようにと、ベゼルの色を夜の時間帯を「青」、昼の時間帯を「赤」に色分けされたというわけだ。


さて、GMTマスターがフルモデルチェンジを実施し、ベゼルのインサート(目盛りがある部分)の素材が、それまでのアルミニウムからセラミックに変更されたのが2005年(ゴールドモデル)のこと。スチールモデルはその2年後にリリースされた。ただ当初は黒の単色ベゼルのみで、ツートンベゼルは存在しなかったのである。


前ページ: 年齢・性別問わず多くの時計ファンに愛されている”永遠の定番”です
次ページ: エクスプローラー I 36mm径の旧型エクスプローラー I を再考する