日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>エクスプローラー I 36mm径の旧型エクスプローラー I を再考する
エクスプローラー I 36mm径の旧型エクスプローラー I を再考する
さて、今回リニューアル登場を果たした新エクスプローラー I だが、みなさんはどのように感じただろうか。コンビモデルの登場も確かにまったく予想もしなかったことではあるが、筆者的にはそれ以上に39mmから36mm径にサイズダウンしたことのほうがかなり驚きだった。

https://nobrolex777.com/brand-cid-5741/
そして、サイズが元に戻ったためなのだろう。おもしろいことに今回レファレンス番号にRef.124270が与えられた。生産終了となった旧型のレファレンスがRef.214270だったため数字的にはひとつ戻った感じだ。やっぱりケース径が36mmになったことから同サイズで2世代前のRef.114270を基本とし、時計の種類を表す最初の4桁「1142」を「1242」としたのかもしれない。ま、どうでもいいことではあるが…。


そんな2世代前のRef.114270だが、製造されたのは2001〜09年。まさに世界的な腕時計ブームが右肩上がりに上昇していた時期と重なる。ちなみに元SMAPの木村拓哉氏がドラマの中で着用して一躍注目を浴びたのは、2000年に生産を終了したさらにひとつ前のRef.14270である。

デイトナ、サブマリーナ、GMTマスター、デイデイト等ロレックススーパーコピーのNOOB工場からの通販です。最高級ロレックスコピー時計直販売。



前ページ: GMTマスター II 2色ベゼルタイプはなぜ8年も発売が遅れたのか!?
次ページ: ただ、当時の腕時計といえば主流は小振りで薄い