日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>ただ、当時の腕時計といえば主流は小振りで薄い
ただ、当時の腕時計といえば主流は小振りで薄い
このケースの厚みはその意味で致命的だったのである。そのため薄くするために改良に改良を重ね、1950年代初めにそれまでの手巻きベースではなく、専用設計の自動巻きムーヴメント、Cal.1030を完成させる。この1000系自動巻きムーヴメントは、薄くなったばかりか、片方巻き上げからローターが左右どちらに回転してもゼンマイが巻き上がる両方向巻き上げ式を実現、ゼンマイの巻上げ効率がさらに向上した。そしてこれこそがロレックスにとってエポックメーキングな発明となったのである。


 この1000系の完成によってロレックススーパーコピーの自動巻きムーヴメントはさらに改良が重ねられ1500系、3000系、3100系、そして2015年に登場した最新版3200系と受け継がれ、60年以上にわたって進化を遂げてきている。


前ページ: エクスプローラー I 36mm径の旧型エクスプローラー I を再考する
次ページ: 新しいレファレンスナンバーが与えられているのだ