日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>アップルウォッチ VS ロレックス 勝つのはどっち?
アップルウォッチ VS ロレックス 勝つのはどっち?
スマートウォッチを普及させる起爆剤となったのは、2015年4月24日、アメリカ・アップル社からリリースされたアップルウォッチ(Applewatch)の誕生でした。
それ以前にもスマートフォンと連動させたウェアラブルデバイス(着用できる端末)は存在しましたが、アップルウォッチの登場によってスマートウォッチへの注目度が一気に上がり、高いシェアを誇るようになってきました。


この「高いシェア」を決定づけ、時計業界に大きな衝撃を与えたのは、「アップルウォッチの2016年売上高がロレックスを抜いた」というニュースではなかったでしょうか。事実、これ以降は目覚ましい成長の一途をたどり、今後スマートウォッチ市場のますますの拡大が国内外の多くの機関で予測されています。


この事実は、果たしてスマートウォッチがこのまま機械式時計の脅威として、シェアを奪っていくことを意味しているのでしょうか。あるいはロレックススーパーコピーを始めとする機械式時計メーカーは、デジタルテクノロジーとは全く別の魅力で消費者を獲得しているのでしょうか。


当記事では、アップルウォッチに代表されるスマートウォッチが、ロレックスなどの高級ブランド時計産業へ与える影響を、マーケティング論の観点から考察いたします。


前ページ: 現在の高級腕時計の基準となっている28,800振動
次ページ: 時計ファンにはおなじみタイガー・ウッズ選手