日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>ロレックス時計 メリットを生かした小型化は広がり続ける
ロレックス時計 メリットを生かした小型化は広がり続ける
まずは、ロレックスコピーだ。最近は大型化を推進していたが、今年エクスプローラーを3mmも小型化。伝統的なサイズである36mmに回帰して大きな話題となった。また、IWCのアイコニックなパイロット・ウォッチが2モデル、それぞれ3mmと2mm小型化を果たしている。カルティエのバロン ブルー ドゥ カルティエも、2mm小さくなった40mm版が追加された。


一方で新コレクションを最初から小さめに設計するブランドも目立った。たとえば、エルメスH08は39mm径、ブライトリングのプレミエ B09 クロノグラフは40mm径である。とはいえ、ブライトリングのもう一つの新コレクションであるスーパークロノマットは、現行クロノマットより2mm大きい44mmサイズ。ヴィンテージテイストの前者はコンパクトに、現代的なパワフルさが魅力の後者は大型ケースを採用するなど、コンセプトによる住み分けが進んでいるとも言える。


小型化で文字盤が整理されて表情がすっきりしたり、普段使いしやすくなったりとメリットは多い。大切なのは“適材適所”。意味のある小型化は、今後もどんどん増えていきそうである。


前ページ: 言わずと知れたテニスの「生ける伝説」ロジャー・フェデラー
次ページ: ロレックス新しいコレクションとしてスカイドゥエラーは登場した