日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>2022年デイトナ24時間に向け、IMSA GTDプロへのエントリーを計画
2022年デイトナ24時間に向け、IMSA GTDプロへのエントリーを計画
KCMGは、世界中の主要な耐久レースで勝利を収めるという香港の旗を掲げたチームの野心の一環として、2022年のロレックスコピー24・アット・デイトナ(デイトナ24時間)で、新しいGTDプロクラスに参戦することを計画している。


チーム・プリンシパルのフィリップ・チャリソーによれば、2015年のル・マン24時間LMP2優勝チームは、少なくとも1台のポルシェ911 GT3 RをIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の新しいファクトリーバック・カテゴリーに投入することを目標としている。


このプログラムに参加するドライバーはまだ発表されていないが、ポルシェ・ワークスのドライバーたちが加わることになるだろう。


KCMGは今週末、ベルギーで行われるトタルエナジーズ・スパ24時間レースに、ポルシェのローレンス・ファントール、元ポルシェワークスドライバーのニック・タンディ、元アストンマーティン・ワークスのエースであるアキシム・マルタンらを起用し、ポルシェの2台体制を敷いて参戦する。


前ページ: GMTよりもUTCという用語の方をよく目にするかもしれません
次ページ: GTDプロクラスの先に見据えるポルシェLMDhでのル・マン復帰