日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>2010年に大径化した39mmケースが伝統の36mmに原点回帰
2010年に大径化した39mmケースが伝統の36mmに原点回帰
1953年に探険時計として誕生したエクスプローラーは、以来、基本デザインを変えずに進化を続けてきた。サイズも2010年に39mmに大型化されるまで、36mmを守り続けた。2021年は発展型のロレックススーパーコピーエクスプローラーⅡが誕生50周年のためモデルチェンジが既定路線だったが、エクスプローラーの36mm化はほとんど誰も予想しなかったことだろう。しかも、バリエーションの追加ではなく、歴代初のイエローロレゾールモデル(オイスタースチールと18Kイエローゴールドのコンビネーションモデル)まで誕生。原点回帰したからには、再び36mmが定着していくのは確実だ。


前ページ: IMSA:ロバート・クビサ、デイトナ24時間初参戦
次ページ: 社会人となり、それなりの時計が欲しいと思い始める20代