日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>ロレックス新旧サブマリーナーデイトを実機で検証
ロレックス新旧サブマリーナーデイトを実機で検証
今回のロレックス通信は、2020年の新作として昨年9月1日に発表されたサブマリーナーデイトについてだ。単なる紹介ではつまらないため、新旧モデルを比較検証してみたいと思う。


ではまず、下のほうに掲載する新旧を横に並べて一緒に撮った写真を見てもらいたい。一瞬見ただけではどっちが新型なのか見分けがつかないほど、ムーヴメント以外に大きな変更は加えられていないことがわかる。


サブマリーナーは、ご存じのように潜水時間を計測できるようにと、その機能から生まれたデザインだ。長年にわたってその基本デザインを変えずに改良が加えられながら完成度を高めてきた。そのためいまさら変えようがないというのもわからないことではない。


しかも今回は、自動巻きムーヴメントのCal.3135から最新のCal.3235への移行に伴うマイナーチェンジという意味合いが強い。


しかしながらユーザー心理からするとマイナーチェンジとはいえ約10年ぶりのリニューアルということもあり“新しさ”にはどうしても期待値が高まる。そのため正直なところ物足りなさを感じた人は多いのではないか。


前ページ: 値引き GMTマスター II のコンビモデル実機レビュー
次ページ: 女性から圧倒的な支持を受けている高級時計ブランド「カルティエ」