日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>ミルガウスの名前がにわかに復活します
ミルガウスの名前がにわかに復活します
2000年代に入ると多くのロレックスコピーブランドが磁気対策をしていた、という背景が大きいでしょう。携帯電話を始めとした磁気を発する製品を使うことが増え、ユーザビリティの追求に耐磁は欠かせないものとなってきました。


最も有名なのが、パテックフィリップから一般化が始まったシリコン製ヒゲゼンマイ。現在時計業界の主流になりつつあるこの機構、精度の安定などにも一役買いますが、何より時計パーツの中で最も磁気帯びしやすかったヒゲゼンマイにシリコンを使うことで、その弱点を克服することとなりました。


これと同時期、ロレックスでもヒゲゼンマイの改良が行われます。
ただ、ロレックスではシリコンを用いるのではなく、独自にパラクロムヒゲゼンマイを開発します。2005年のことでした。
パラクロムとはニオブとハフニウムなどとの合金素材で構成されており、視覚的に美しくも、耐磁性能や優れた温度特性を持つ素材です。


前ページ: 2012年に発表されたロレックスの異端児スカイドゥエラー
次ページ: 当店を選ばれた理由 ご意見・ご感想