日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>外装面で確認できる変更点は大きく五つ
外装面で確認できる変更点は大きく五つ
新作だけ見ているとわからないが、新旧の実機を並べると公式資料には書かれていないものの、変更点が大きく五つ存在することがわかる。


1、ケースのラグ幅が細くなった
2、コマ幅を若干拡大しブレス自体の幅もサイズアップ
3、文字盤の6時位置にクラウンマークが追加された
4、時分針がサイズアップ
5、ブレスレットのコマの数がひとコマ減っている


 ここでは上に挙げた中から特にポイントとなる1項と4項について、写真とともに具体的に紹介させていただく。ただ、もっと詳しく知りたい方は、現在発売中のパワーウオッチ1月号(No.115)を参照していただきたい。


前ページ: しかも今回は、自動巻きムーヴメントのCal.3135から最新のCal.3235
次ページ: 金投資とは?金相場の上下はどう決まる?