日系の

ロレックススーパーコピー時計

通販です。弊社すべてのロレックス時計は2年品質保証になります。

ホーム >>ロレックスが突出して平均割安率が高いこともご覧頂けるでしょう
ロレックスが突出して平均割安率が高いこともご覧頂けるでしょう
これは、ロレックススーパーコピー需要が急騰しており、正規店でほぼ買えないと言っていいほど品薄(つまり定価で買えない)であることが原因です。なお、表はプレミア化していないデイトジャストやオイスターパーペチュアルも含んだ数値ですので、特に相場高騰が著しいスポーツモデルに限定すれば、さらに高い割安率を叩き出すでしょう。


並行割安率が高いから価格面ではお得度が低い、というわけではないことも付け加えておきます。


これは価値が落ちづらい・資産価値が高いことを意味しており、再販時に高値で売却できることを示唆します。


オーデマピゲや、ロレックスの弟分であるチューダーも高めですね。


チューダーは価格帯としてはタグホイヤーに近いのですが、それでいて高い資産価値を維持するというのは、稀有なことです。


まとめとして全ブランドの並行割安率を平均すると、並行輸入品は定価の69.4%の価格で販売されていることがわかりました。


前ページ: ロレックスステンレス製GMTマスターIIのラインナップ
次ページ: シードゥエラーの魅力は、何と言ってもその防水性でしょう